ConoHa WINGでドメイン取得・サーバー契約手順【画像付】

ブログ作成手順② ConoHa WING ドメイン・サーバー契約手順 ConoHa WING

こちらではConoHa WINGで「ドメイン取得」「サーバーの契約」の手順を解説します!

ドメイン取得とサーバー契約なんて複雑に見えるかもしれませんが、手順通りに非常に行えばかんたんです。

hrkm
hiro。

ドメイン取得・サーバー契約はとてもかんたんなので安心してください!

  1. ConoHa WINGでブログ作成までのおおまかな手順の流れ
  2. まずはレンタルサーバーの契約期間・料金を決めておきましょう
    1. レンタルサーバーの各契約期間の料金を確認しましょう
      1. ConoHa WINGパック 契約期間3ヶ月の料金表
      2. ConoHa WINGパック 契約期間6ヶ月の料金表
      3. ★おすすめ★ConoHa WING「WINGパック」12ヶ月(1年)契約料金
      4. ConoHa WING「WINGパック」24ヶ月(2年)契約料金
      5. ConoHa WING「WINGパック」36ヶ月(3年)契約料金
  3. WINGパックのドメイン・サーバー等の設定手順①
    1. WINGパック設定①「料金タイプ」を選択する【STEP2】
    2. WINGパック設定②「契約期間」を選択する【STEP3】
    3. WINGパック「プラン」の選択【STEP4】
    4. WINGパック「初期ドメイン」を決める【STEP5】
    5. WINGパックのサーバー名の確認【STEP6】
  4. WINGパック WordPressかんたんセットアップの入力手順②
      1. WordPressかんたんセットアップの選択
      2. セットアップ方法を選択
      3. 独自ドメインを入力
        1. トップレベルドメインを選択する
      4. 作成サイト名の入力
      5. WordPressユーザー名入力
      6. WordPressパスワード入力
      7. WordPressテーマ選択
    1. WINGパック「最終確認」【STEP8】
  5. ConoHa WING内でサイトの情報等を入力する(アカウント情報等)手順③
    1. ①:お客様情報を入力する
    2. ②:本人確認の「SMS認証」を行いましょう
      1. ConoHa WINGの認証コードを確認・入力する
    3. ③:お支払方法を入力します
    4. クレジット決済の入力手順
  6. WordPressインストールが完了する
    1. WordPressサイトにSSL有効化を設定しましょう
      1. SSL有効化の手順は非常にかんたん!
    2. ご自分のWordPressサイトにアクセスしてみる
    3. WordPress 管理画面へログインしてみる
      1. WordPress 管理画面へログイン
    4. 補足:ConoHa WINGからの「ドメイン認証のお願い」メールを忘れずにアクセスしましょう!
  7. WordPressブログサイトは設定は「ゼロ → イチ」 スタートラインです!【まとめ】

ConoHa WINGでブログ作成までのおおまかな手順の流れ

まずはConoHa WING内で、ブログ作成までのおおまかな手順の流れは以下の通りなので大体でよいので、頭に入れておきましょう。

ConoHa WING WordPressサイト作成手順画像

ConoHa WINGでの「WINGパック ドメイン取得・サーバー契約」の一覧の流れは以下の通りです。

「ドメイン・サーバー契約」一覧の流れ

  • STEP1
    サーバーの契約料金を確認
    5つのプランからサーバー契約期間・料金を調べておきます
  • STEP2
    料金タイプ選択
    料金タイプを選択します
  • STEP3
    契約期間の設定
    契約期間を設定します
  • STEP4
    プラン選択
    3つのプランから「ベーシック」を選択します
  • STEP5
    初期ドメイン入力
    初期ドメインを入力します
  • STEP6
    サーバー名確認
    サーバー名の確認をします
  • STEP7
    WordPress かんたんセットアップ入力
    WordPress かんたんセットアップの入力をします
  • STEP8
    最終確認
    すべての入力項目をチェックする

と、その前に・・・

ドメイン・サーバー等の契約前に、契約料金の確認・把握をしておきましょう!

ConoHa WINGは現在2022年5月16までWINGパックベーシックプランが契約年数によって最大50%OFFキャンペーンを実施中なので要チェック!

ドメイン・サーバーの契約手順を進めたい方はこちらからスキップ

 

ConoHa WING WINGパック割引キャンペーン

ConoHa WINGは定期的に割引キャンペーンを実施しており、今回は5/16までにWINGパックを契約すれば最大50%OFFでレンタルサーバーが契約できるのでお得なうちに契約しましょう。

ConoHa WING更新クーポンキャンペーン

 

さらにこちらのサイトでは事前にショップクーポンを入力しておくとWINGパックの更新費用が3%OFFになるクーポンが使えます!

ショップクーポンコードはこちら

ConoHa WING更新クーポンコード

※WINGパック専用デジタル版ConoHaカード」を事前にご購入いただく必要があります

まずはレンタルサーバーの契約期間・料金を決めておきましょう

レンタルサーバーは、はじめに契約期間を決めて契約する必要があります。サーバー契約するには契約期間に応じて料金を先に支払いする必要があります。ConoHa WINGのWINGパックには以下の5種類の契約期間から選べます。

 

WINGパックの期間
  • 3か月(8%OFF)
  • 6か月(16%OFF)
  • 12ヶ月(30%OFF)
  • 24ヶ月(34%OFF)
  • 36ヶ月(50%OFF)

※()はWINGパック ベーシックの割引率

期間が長いほど割引率は上がります!
hrkm透明

契約期間によって割引率が異なります。サーバーの契約期間が長いほど割引率がアップしていきます。

 最初の契約期間はどれがおすすめ?
レンタルサーバーのおすすめする推奨期間は「WINGパック ベーシックプラン」の50%OFF・月額660円の最長36ヶ月です。しかし、初心者の場合は1年で挫折してやめてしまう可能性があるので、まずはお試しにブログを立ち上げるなら12ヶ月あたりをおすすめします!

レンタルサーバーの各契約期間の料金を確認しましょう

まずレンタルサーバーの料金を把握しておきましょう。左の青いラインのタグにある「+サイト追加」でドメイン・サーバー契約する設定をしますが、その際でも契約料金は確認できます。

ConoHa WINGパック 契約期間3ヶ月の料金表

ConoHa WING「WINGパック」3か月契約料金

ConoHa WINGパック 契約期間6ヶ月の料金表

ConoHa WING「WINGパック」6か月契約料金

★おすすめ★ConoHa WING「WINGパック」12ヶ月(1年)契約料金

ConoHa WING「WINGパック」12か月契約料金

ConoHa WING「WINGパック」24ヶ月(2年)契約料金

ConoHa WING「WINGパック」24か月契約料金

ConoHa WING「WINGパック」36ヶ月(3年)契約料金

ConoHa WING「WINGパック」36か月契約料金

ConoHaのWINGパック「ドメイン・サーバーセット」プランは以下の3つから選択します。

WINGパックのプラン
  • ベーシック プラン
  • スタンダード プラン
  • プレミアム プラン

 

上記3つのプランがありますが初心者の場合ベーシックプランで問題ないです。各プランの違いとして、データの保存容量がSSD300GB・400GB・500GBと異なるだけで他は各プラン同じ条件です。

hrkm
hiro。

初心者ブロガーのうちは、1年かけてもデータ容量が300GBオーバーすることはまずありえません。ちなみに20以上のサイトを1つのレンタルサーバーで管理していますが、全然余裕あります。。未だ1/3程度です (笑)

.

WINGパックのドメイン・サーバー等の設定手順①

1.ドメイン今ココ ConoHa WING WordPressサイト作成手順画像

それでは「WINGパック」のドメイン・サーバー等の設定を進めていきましょう。冒頭でもお伝えしましたが、設定手順としては以下の内容となっています。

「ドメイン・サーバー契約」一覧の流れ

  • STEP1
    サーバーの契約料金を確認
    5つのプランからサーバー契約期間・料金を調べておきます
  • STEP2
    料金タイプ選択
    料金タイプを選択します
  • STEP3
    契約期間の設定
    契約期間を設定します
  • STEP4
    プラン選択
    3つのプランから「ベーシック」を選択します
  • STEP5
    初期ドメイン入力
    初期ドメインを入力します
  • STEP6
    サーバー名確認
    サーバー名の確認をします
  • STEP7
    WordPress かんたんセットアップ入力
    WordPress かんたんセットアップの入力をします
  • STEP8
    最終確認
    すべての入力項目をチェックする

契約期間・料金等の詳細は冒頭で解説しましたので割愛します。ここからはSTEP2「料金タイプ」の選択より順番に【画像付】でわかりやすく解説してますので頑張って設定していきましょう!

以下の画像はドメイン・サーバー契約の設定画面です。項目が多い印象かもしてませんが、番号順に進めばかんたんな入力ばかりです。

  ドメイン・サーバー契約の設定画面

WINGパック 設定手順画面

 

WINGパック設定①「料金タイプ」を選択する【STEP2】

 

ConoHa WINGパック 24ヶ月ドメイン・サーバー契約画面2

料金タイプには「WINGパック」「通常料金」の2つプランがあります。

こちらは「WINGパック」を選択します。(初期設定では「WINGパック」になっているのでそのままでOKです)

WINGパック設定②「契約期間」を選択する【STEP3】

ConoHa WINGパック 24ヶ月 契約期間画面

契約期間は5つのタイプから選択しましょう。冒頭で料金の解説をしましたがご覧いただけましたでしょうか?

初期の契約期間が長期なほど料金が安くなりますのでお得に利用できます。ブログ初心者の場合は、36ヶ月続けられるか心配かと思います。

まずは、12ヶ月プランを契約するのがおすすめです。せっかくサーバー契約するのなら、1年間ブログの経験を積んで継続できるかお試ししてみるのもアリです。

「俺(私)は辞めずにずっとにブログ続けていくんだー!」と漢気があるような方には、ConoHa最安値50%offの36ヶ月「月額611円(税込)」のプランを選択してもよいかもしれません。

WINGパック「プラン」の選択【STEP4】

ConoHa WINGパック 24ヶ月プラン選択

※2022年5月19日までのキャンペーン価格表示です。今後価格が変動する可能性があります。

契約期間を選択したら「プラン」選択しましょう。プランは「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3種類から選べますが、こちらは「ベーシックプラン」で問題ないです。

最初の1年間で容量オーバーすることはないでしょう。今まで容量オーバーしたこと自体ないので「スタンダード」で大丈夫です。何かと心配な方は「スタンダード」を選ぶとよいです。

 

WINGパック「初期ドメイン」を決める【STEP5】

ConoHa WINGパック 24ヶ月ドメイン・サーバー契約画面2

初期ドメインとは?

いわゆるネット上の住所みたいなイメージ。上記の「.conohawingcom」はおまけみたいなアドレスで本アドレスは別です。後に「.com」や「.jp」などの設定をします。

枠内に入力したドメインはこの先で変更できるので、ココでは仮入力・適当でもOK!

おすすめなのは文字数が短くわかりく覚えやすいドメインにしましょう!

WINGパックのサーバー名の確認【STEP6】

ConoHa WINGパック 24ヶ月ドメイン・サーバー契約画面2

こちらのサーバー名はConoHa WING上の名前の設定です。こちらは変更しなくてもそのままでも問題ありません。複数のサーバーを管理している方向けです。

 

WINGパック WordPressかんたんセットアップの入力手順②

2.WordPressかんたんセットアップ ココ ConoHa WING WordPressサイト作成手順画像

次に「WordPressかんたんセットアップ」の入力です。

「WordPressかんたんセットアップ」とは?

従来のConoHa WINGでは「ドメイン」「サーバー」の設定のみで、そのあと個別にWordPressをインストールする必要がありましたので、サイトを作成するのにかなりの手間がかかりました。

近年のConoHa WINGではブログ立ち上げに最低限必要な「ドメイン」「サーバー」「WordPress」の3点の設定を一括でまとめておこなってくれます。

現在では従来の設定に比べとても楽な仕様となっています!

 

WordPressかんたんセットアップ画面

上記の入力画面より以下の手順にて作業をすすめていきましょう!

WordPressかんたんセットアップの入力手順

  • STEP1
    WordPressかんたんセットアップの選択
    ドメイン・サーバー契約と一緒にWordPressのセットアップの可否を選択
  • STEP2
    セットアップ方法
    セットアップ方法を選択します
  • STEP3
    独自ドメイン設定
    独自ドメインを入力します
  • STEP4
    作成サイト名の入力
    サイト名を決めます
  • STEP5
    WordPressユーザー名の入力
    WordPressログイン時のユーザー名を決めます
  • STEP6
    WordPressパスワード入力
    WordPress ログイン時のパスワードを決めます
  • STEP7
    WordPressテーマ選択
    WordPress テーマ(有料・無料)

WordPressかんたんセットアップの選択

ConoHa WING WordPressかんたんセットアップ

こちらは「利用する」を選択します(初期状態で「利用する」が選択されています)

かんたんセットアップを利用することで、WordPressをその名の通りかんたんセットアップしてくれるので、インストール完了後すぐにブログ作成できます。

セットアップ方法を選択

WordPressかんたんセットアップ 2:セットアップ方法

セットアップ方法は「新規インストール」を選択します。

 

独自ドメインを入力

WordPressかんたんセットアップ 3:独自ドメイン設定

※重要

こちらでは「独自ドメイン設定」ブログのドメインを入力・決定します。ドメインとは、自分のブログサイトの住所「アドレス」のことで自分で好きなアドレスを決めて取得します。

例として

「△△△△△△.com」の「△△△△△△」の部分を決めることです。

ConoHa WING「WINGパック」では本来「.com」は1,408円(税込)年間利用料がかかるのですが、1サーバー契約につきドメインが永久無料で利用できます(2個まで無料)
hrkm
hiro。
本来ドメインは1ドメインにつき年間更新料(.comの場合年間1,408円)がかかるところ「永久無料」で使えるというのが「WINGパック」の最もお得なポイントなんです!
※注意として

こちらで決めたドメイン名は後から変更できませんので注意してください

おすすめは「短い」「わかりやすい」「覚えやすい」羅列で作成するのがおすすめです!

トップレベルドメインを選択する

次に後ろについている「.com(トップレベルドメイン)」を選択します。

WordPressかんたんセットアップ 3:独自ドメイン トップレベルドメイン設定

「.site」「.shop」など更新手数料(4,378円)と、高価なドメインなどが選べますが「WINGパック」は永久無料ドメインなのでお好きなので大丈夫です

どれを選んでよいのか迷う場合、おすすめなのはわかりやすい「.com」なら間違いないでしょう。

後ろのトップレベルドメインによって順位など変わることはなにもありませんので、お好きなものを選択しましょう。

作成サイト名の入力

WordPressかんたんセットアップ 4:作成サイト名

WordPress上のサイト名を入力します。

こちらは後から変更可能ですので適当に入力しても問題ありません。

 

WordPressユーザー名入力

WordPressかんたんセットアップ 5:WordPress ユーザー名

WordPressサイトへのログイン時に入力する「ユーザー名」を入力します。

ユーザー名は忘れないようメモ・スクショなどで保存しておきましょう。

WordPressパスワード入力

WordPressかんたんセットアップ 6:WordPress パスワード入力

WordPressログイン時の必要なパスワードを入力。

こちらもWordPressのユーザー名同様に、メモ・スクショなどで保存しておきましょう。

WordPressテーマ選択

 4種類のテーマより選択 
WordPressかんたんセットアップ 7:WordPress テーマ選択

あらかじめ有料テーマを選択すると約10%割引き価格でインストール可能なのでお得です。「Cocoon(コクーン)」は無料テーマでも使いやすく優秀です!

現在ではテーマを選択しておくと、WordPressと一緒にテーマもインストールしてくれる便利機能が追加となりましたので活用しましょう。

無料テーマは「Cocoon(コクーン)」のみで、有料テーマは「SANGO(サンゴ)」「JIN(ジン)」最近追加された「THE SONIC(ザ ソニック)」から選択できます。

テーマは特に決めていないようでしたら「Cocoon」にチェックを入れておきましょう。

 

WINGパック「最終確認」【STEP8】

ConoHa WINGパック入力後次へ

※上記の価格は2022.4.28時点の表記であり今後価格が変動する可能性があります。

全ての入力が完了しているか最終確認後、問題なければ右側にある「次へ」をクリックしましょう。

ここまでの手順でドメイン取得・サーバー契約等の入力完了となります。

 

hrkm
hiro。

お疲れさまでした!あともう少し必要な入力項目があります。お疲れかもしれませんが、もうちょっとだけ頑張ってください!

ConoHa WING内でサイトの情報等を入力する(アカウント情報等)手順③

こちらでやることは?
  • STEP1
    お客様情報入力
    サイト作成者情報等の入力します
  • STEP2
    SMS認証
    SMSにて本人認証を行います
  • STEP3
    支払情報の入力
    お支払い方法を入力します。

こちらではサイトの運営者情報(氏名・住所等)などを入力します。入力している間はWordPressのインストール中で、入力が完了する頃にはWordPressが使えるようになります。

 

上記3点の入力等を完了すればゴール目前なので頑張りましょう!

①:お客様情報を入力する

 

こちらのページでは「お客様情報」を入力します。

お客様情報入力欄

ConoHa WINGパック お客様情報入力

 

お客様情報の入力詳細
  1. 種別(個人or法人)
  2. 氏名(フルネーム)
  3. 性別 ※任意
  4. 生年月日(西暦月日)
  5. 国(日本ならそのまま)
  6. 郵便番号
  7. 住所
  8. 電話番号

上記内容を入力します

入力が済みましたら「次へ」をクリックします。次に「SMS認証」を実施します。

②:本人確認の「SMS認証」を行いましょう

SMS認証 今ココ ConoHa WING WordPressサイト作成手順画像

次に本人確認の為の「SMS認証」を行います。

電話 / SMS認証画面

SMS認証クリック

 

 

画面に従って、携帯電話番号入力と「SMS認証」か「電話認証」を選びます。どちらを選択しても手間は変わりませんのでお好きなほうを選びましょう。

こちらでは「SMS認証」の解説となります。

電話認証の場合は?
  • 「電話認証」選択すると自動音声ガイダンスで4桁の認証コードを教えてもらえます。

 

ConoHa WINGの認証コードを確認・入力する

「SMS認証」をクリック後、以下のショートメールにて「認証コード」届きます。

ショートメッセージ画面

認証コード ショートメッセージ

例として、こちらの場合「2096」が認証コードです。

 

● ConoHa WINGの認証コード入力

認証コード 入力画面

認証コードの空白部分にショートメッセージより届いた4桁の数字を入力し、「送信」をクリックします。

こちらの認証コードの手順は完了です。次にお支払い方法の手順解説となります。

③:お支払方法を入力します

お支払い方法 今ココ ConoHa WING WordPressサイト作成手順画像

こちらの画面ではお支払方法(決済方法)の入力です。お支払方法は以下の3種類から選択できます。

お支払い方法の概要・・・

上記3タイプから選択します!

※:次の画像は2022.4時点の最新のものですが、項目がクレジットカードのみの表示でしたのでこちらではクレジット決済方法の手順のみとなり、その他の決済方法は今回割愛させていただきます。

クレジット決済の入力手順

こちらではクレジット決済の入力手順を解説します。

クレジットカード入力画面

支払い方法 クレジット決済入力手順

上記画像の項目に以下の内容を入力します。

 

クレジットカード内容を入力
  • 名前を入力
  • カード番号を入力
  • 有効期限を入力
  • セキュリティコードを入力

すべての入力が完了しましたら下にある「お申込み」をクリックします。

 

お支払い方法の概要

支払い方法 概要

 

WordPressインストールが完了する

WordPressかんたんセットアップインストール完了画面640

個人情報や支払い方法の入力を完了したあたりで、上記のような「WordPressかんたんセットアップ」利用したインストール完了画面が表示されます。

hrkm
hiro。

こんなにできるの早い!

昔はもっと時間かかったのに便利な世の中になりました。

※注:DB(データベース)ユーザー名・パスワードはDBサーバーへのログインIDですので、普段使用するログインパスワードとは異なります。こちらはトラブルがない限りほぼ使いません。(ConoHaマイページで確認可能ですが一応スクショ・メモ等を取っておきましょう。後から変更も可能)

確認しましたら「閉じる」をクリックしましょう。

左下に「成功しました。アプリケーションインストール」と表示がされている間はまだ操作できませんのでお待ちください。(所要時間10~15分ほど)

この間にサイトの確認ができますので見てみましょう。

WordPressサイトにSSL有効化を設定しましょう

SSL有効化 今ココ ConoHa WING WordPressサイト作成手順画像

こちらがConoha WINGのマイページです。先ほど設定したご自身のWordPressサイトを確認できます。まず最初にやっておきたい設定は「SSL有効化」設定です。

SSL有効化設定画面

WordPress かんたんSSL化について

SSLとはかんたんに説明するとブログサイトのデータをインターネット上で暗号化して通信する技術。そのため自分のサイトを外部から改ざんされるような事を防いでくれるので必須の安全対策です。

SSL有効化の手順は非常にかんたん!

SSL有効化の手順はかんたんなので実際にご自身のサイトがSSL化されているか確認してみましょう。

 マイページよりSSL化の確認・設定手順
  • ①:「サイト管理」
  • ②:「サイト設定」
  • ③:「WordPressタブ」

ここまでの手順でSSL有効化されているか確認できます!

  • サイトURLの先頭の「https」➡「s」が付いているか確認。「s」付の場合SSL化有効化設定されています。

「http」➡「s なし」の場合 SSL未設定なので④へ

  • ④:かんたんSSL化の「SSL有効化」をクリック

これでSSL有効化設定完了です。

次に自分のWordPressサイトにアクセスしてみましょう!

ご自分のWordPressサイトにアクセスしてみる

ご自分のWordPressサイトへアクセスすると以下のような画面が表示されます。

サイトへアクセス画面

こちらが初期のサイトトップページです!上記のようなサイトが表示されたら問題なくWordPressサイトのインストール完了です。サイト表示方法がかんたんなので確認してみましょう。先ほどのConoHa WING マイページより確認できます。

 

サイトアクセス・ログイン手順

 

 ご自分のWordPressサイト表示手順
  • マイページ ➡ 「サイト管理」➡「WordPress」
  • 「サイトURL」➡https//・・・のアドレスをクリック
hrkm
hrkm

これだけでご自分だけのサイト確認ができます!

 

WordPress 管理画面へログインしてみる

サイトの確認ができましたら、続いてWordPressサイトの管理画面へのログインをしてみましょう。WordPressサイトのログインページは以下のような表示となります。

 WordPressサイト管理画面

WordPressサイト ログイントップ

こちらもサイト確認手順と同様かんたんな手順ですので、まずは管理画面へログインしてみましょう。

WordPress 管理画面へログイン

サイトアクセス・ログイン手順

 

WordPressの管理画面ログイン手順
  • マイページ ➡ 「サイト管理」➡「WordPress」(サイト表示と同じです)
  • 「管理画面URL」➡ https//・・・admin/をクリック

 ログインページ画面

WordPressサイト ログイン画面

  • 「ログインID」「ログインPASS」を入力して「ログイン」をクリック(※:ID・PASSはWordPressかんたんセットアップにて入力したものです)

 

ログインした後、Google Chromeなどのブラウザに保存しておけば次回からのログイン時入力は不要なので活用しましょう!

 

上記の手順でこちらのWordPressサイト管理画面(ダッシュボード画面)が表示されます。

WordPressサイト ログイントップ

ここから投稿やあらゆる設定をする画面です。毎回見るページなので、使っていくうちに見慣れてくると思います。

hrkm
hiro。

お疲れさまです!

ココまでがWordPressサイトの「独自ドメイン取得」「サーバー契約」の設定が完了となります。

あとはWordPressサイトの内での細かい設定がありますがこの記事ではココまでです。

補足:ConoHa WINGからの「ドメイン認証のお願い」メールを忘れずにアクセスしましょう!

補足ですが、ConoHa WINGでの契約等が完了すると以下のようなメールが届きます。

ドメイン印象のお願いメール

こちらは「ドメインを取得しましたよ!」っていう認証メールですので枠内のURLへアクセスしておきましょう。期間内にアクセスしておかないとサイトへのログインが出来なくなる可能性があるので必ずURLアクセスしておきましょう。

WordPressブログサイトは設定は「ゼロ → イチ」 スタートラインです!【まとめ】

この記事では、ConoHa WINGにてブログサイトを作成手順を解説しました。はじめてブログサイトを作成するのに一人で始めるとちゃんと設定できるか不安がありますが、こちらの手順通りに進めていただければ、レンタルサーバーの契約・設定・WordPressの立ち上げまでかんたんに出来ます。

途中わからなければ細かく解説していますので、何度も読み返してみてください。

サイト作成した時点でゼロからイチになった状態です。ここからはご自身で自分色のブログサイトを構築していただいて、次なる目標として、収益のゼロ→イチとなるよう目指して頑張っていきましょう!

次の記事ではWordPressサイトの初期設定「パーマリンク」設定手順の解説です。次のパスワードも同じですのでご注意ください。

 Next :パーマリンクの設定

 

 

タイトルとURLをコピーしました